コラム

COLUMN

電気工事士の資格を取得するタイミングは?

こんにちは!
兵庫県尼崎市を拠点に、近隣の西宮市をはじめ日本全国で活動する、下江電気工事株式会社です。
地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を手掛けております。
電気工事は未経験からでも始められるお仕事ですが、遅かれ早かれ資格は取得しなければなりません。
資格取得のタイミングは、入社前と入社後がありますが、どちらの方がよいのでしょうか?
今回は、電気工事士の資格を取得するタイミングについてお話したいと思います。
それぞれのメリットをご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

入社前

入社前
電気工事士の資格は、電気工事の技術や知識を証明するものです。
この資格を持っていると、電気工事の幅が広がり、安全管理や法令遵守などにも貢献できます。
そのため、電気工事士の資格は、転職活動の際に大きなアピールポイントになるでしょう。
特に、第一種電気工事士の資格は、高圧受変電設備や大規模な施設での電気工事を行うことができる貴重な資格です。
この資格を取得するには、試験に合格するだけでなく、実務経験も必要です。
入社前にこの資格を取得しておくと、電気工事の経験者として優位に立つことができ、給与や待遇面でも優遇される可能性が高まるでしょう。

入社後

入社前に電気工事士の資格を取得することは、転職活動のアピールになることが分かりました。
では、入社後に資格を取得するにはどんなメリットがあるのでしょうか?
入社後に資格を取得する場合、資格取得支援制度が利用できる、実務経験を積める、といったメリットがあります。
資格取得支援制度とは、電気工事士の資格を取得するために必要な費用や時間を会社が援助してくれる制度です。
金銭的余裕がない方や、独学が難しいと感じた方には入社後に資格取得するのがいいでしょう。
弊社では、資格取得支援制度を導入しておりますので、未経験の方はぜひ弊社をご検討ください!

電気工事士資格を取ろう!

電気工事士資格を取ろう!
いかがでしたでしょうか?
電気工事士資格は持っておくことに越したことはありません。
しかし、経済的問題や時間の関係で取得が難しい方もいるでしょう。
電気工事は未経験からでも始められる仕事ですので、無理して入社前に取得する必要はありません。
教育体制が整っている会社を選び、基本的なことからしっかり学んでいきましょう。
下江電気工事株式会社では、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事の現場作業員を求人中です。
弊社は、入社後も資格取得に向けてのサポートや教育を行いますので、安心してスキルアップできます。
土木作業員や電気工事士の求人に興味をお持ちの方はぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!