コラム

COLUMN

電気工事士として実務経験を積む方法

こんにちは!
下江電気工事株式会社は、尼崎市や西宮市をはじめとした日本全国で、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事のご依頼を承っております。
第一種電気工事士になるためには実務経験が必要です。
実務経験を積むにはいくつか方法がありますが、どのような方法があるかご存知でしょうか?
今回は、電気工事士として実務経験を積む方法についてお話ししたいと思います。

第二種電気工事士として経験を積む

第二種電気工事士として経験を積む
第一種電気工事士の資格を取得するには、実務経験が必要です。
第二種電気工事士として経験を積むのが最も一般的で、皆様がイメージする実務経験の積み方なのではないでしょうか?
電線やケーブル・配線器具の取り換えや修繕、照明器具の取り換え、屋内配線工事などの実務をこなしていきましょう。
数年間の経験を積んだ後に、第一種電気工事士の試験に挑戦することが多いです。

認定工事従事者として経験を積む

第二種電気工事士の資格を持っておらず、第一種電気工事士の試験に合格した場合はどうなるのでしょうか?
こういった場合は、認定電気工事従事者認定証の交付を受けて、実務経験を積むことができます。
認定工事従事者とは、第二種電気工事士の資格では行えない電気工事ができるようになる資格です。
第一種・第二種電気工事士、電気主任技術者の資格を有していれば、所定の講習を受講して申請するだけで貰えます。
第二種電気工事士資格を取らずに資格を得たい方におすすめの方法です。

事業用電気工作物の電気工事に従事する

電気主任技術者のいる施設で、事業用電気工作物の電気工事に従事する方法もあります。
大規模な施設では電気主任技術者が配置されており、その監督の下で事業用電気工作物の電気工事を行う場合も実務経験の対象です。
3年間の実務経験を満たせば、あとは試験に合格するだけです。
しかし、工場やビルなどで働く場合、契約電力が500kW以上の施設でなくてはなりません。

地中電気ケーブル工事に携わりませんか?

地中電気ケーブル工事に携わりませんか?
下江電気工事株式会社では、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事に携わる土木作業員や電気工事士を求人中です。
福利厚生を完備しており、社員の資格取得を完全サポートいたしますので、公私ともに充実した生活を送ることができます。
電気工事でスキルアップしたいご経験者や、新たな業界でキャリアアップしたい転職希望者の方にとって最適な職場環境です。
電気工事士や地中電気ケーブル工事に興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!