コラム

COLUMN

第一種電気工事士の実務経験はどんな工事が対象なの?

こんにちは!
兵庫県尼崎市を拠点に、西宮市などで地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を行う、下江電気工事株式会社です。
弊社は日本全国のご依頼に対応しております!
第一種電気工事士となるためには、実務経験が必要です。
試験に合格しても実務経験がなければ、免状を受け取ることはできないでしょう。
また、電気に関する工事であればどんなものでも実務経験としてカウントされるわけでもありません。
ではどのような実務経験が対象なのでしょうか?
今回は、第一種電気工事士の実務経験ついてお話ししたいと思います。

実務経験の対象とならない電気工事

鉄塔
第一種電気工事士の資格を取得するには、実務経験が必要です。
しかし、実務経験とは、一定の条件を満たす電気工事のことであり、すべての電気工事が実務経験になるわけではありません。
下記のような例があります。
●スイッチにコードを取り付ける、電柱の設置・変更・撤去などの「軽微な工事」
●200Vで使うエアコンの室内機・室外機の端子に接続電線を差し込むなどの「軽微な作業」
●ネオン工事
●契約電力500kW未満の施設における非常用予備発電電気工事
●保守通信設備に係わる工事
●架空電線路に係わる工事
●キュービクルや変圧基等の据え付けに伴う基礎工事
こういった工事・作業が、実務経験の対象とならない電気工事となります。
しかし、架空電線路に係わる工事の場合、電圧5万ボルト未満の場合は実務経験の対象です。
また、無資格の者や、第二種電気工事士のみ持つ者が、500kW未満の自家用電気工作物で行った電気工事も実務経験の対象とならない場合があります。

実務経験の対象となる工事は?

では、実務経験として認められる電気工事とはどのようなものでしょうか?
基本的には、先述した対象とならないケースを除く電気工事は、実務経験として認められます。
例えば、動力盤や分電盤・受変電設備の設備工事、電線やケーブル・配線器具の取り換えや修繕、天井に固定された照明器具の修繕や取り換え、屋内配線工事などが対象です。
幅広い範囲の工事が実務経験として認められています。

電気工事士・土木作業員を求人中です!

電気工事士・土木作業員を求人中です!
いかがでしたでしょうか?
電気工事士の実務経験として、ほとんどの工事は実務経験の対象です。
しかし例外もあることを忘れてはいけません。
そのような工事が対象であるのかをしっかり把握しておくことが大切です。
下江電気工事株式会社では、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事に携わる電気工事士や土木作業員を求人しております。
電気工事士や地中電気ケーブル工事に興味をお持ちの方はぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!