コラム

COLUMN

電気工事士として就職するときにアピールしたいこと

こんにちは、下江電気工事株式会社です!
兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市などの日本全国で、地中電気ケーブル工事に従事しております。
電気工事士として転職するとき、面接や履歴書でのアピールは必須です。
電気工事経験者は、どのようなアピールポイントがあるのでしょうか?
今回は、経験者の方向けに転職の際のアピールポイントについてご紹介いたします!
ぜひ最後までご覧くださいね!

所有資格をアピールする

電気部品
電気工事士として就職するときには、まず所有資格についてアピールできるでしょう!
電気工事士には、第一種、第二種などの種類がありますが、一般的には第二種以上の資格を持っていることが求められます。
また、特定の分野に関する資格や技能検定などもあれば、プラスアルファになるのではないでしょうか?
例えば、高圧受電設備の施工管理技士や太陽光発電システム設置技能士などです。
所有資格をアピールすることで、自分の技術力や知識を証明できますし、仕事の幅も広がります。

どんな現場経験があるかをアピールする

次に、電気工事士として就職するときには、どんな現場経験があるかをアピールすることも大切です。
実際に電気設備の施工や保守を行ったことがあるかどうか、どんな現場に携わってきたか、などをアピールしましょう。
現場経験があれば、自分のスキルや対応力を示せるほか、仕事に慣れていることも伝わります。
例えば、住宅やビルなどの建築物の電気設備の施工を行ったことや、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事などの特殊な工事を行ったことなどです。
現場経験をアピールすることで、自分の実力や適性をアピールできます。

丁寧さや正確さをアピールする

最後に、電気工事士として就職するときには、丁寧さや正確さをアピールすることも必要です。
丁寧さや正確さは、仕事の品質や安全性に直結します。
電気工事士の仕事は、人命や財産に関わる重要な仕事です。
そのため、細かい部分まで注意深く作業し、ミスやトラブルを防ぐことが求められます。例えば、施工図や仕様書などの書類をしっかり確認し、必要な材料や道具を用意し、作業前後に点検やテストを行うなどです。
丁寧さや正確さをアピールすることで、自分の信頼性や責任感をアピールできます。

電気工事士・土木作業員を募集中です!

履歴書
以上が、電気工事士としてアピールポイントでした!
転職中の方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。
私たちは現在新たな電気工事士や土木作業員を求人しております!
地中電気ケーブル工事は人々のインフラを守る、社会的貢献度の高い仕事です。
西宮や尼崎などで転職中の方や、腰を据えて働きたい方はいらっしゃいませんか?
入社後もモデルケースがあるので、安心してお勤めいただけます。
ぜひお気軽にご応募ください!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。