コラム

COLUMN

地中電気ケーブル工事のメリットとデメリットをご紹介!

こんにちは!
兵庫県尼崎市に拠点を構える下江電気工事株式会社は、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事などを行っております。
今回は、私たちが得意とする地中電気ケーブル工事について、そのメリットとデメリットをご紹介いたしましょう!
地中電気ケーブル工事とは、電線を地中に埋設することで、電力供給の安定性や景観の美しさを向上させることを目的としています。
では、早速見ていきましょう!

地中電気ケーブル工事のメリット

ネットワーク
地中電気ケーブル工事を行うメリットはさまざまです。
例えば、電線が空中に張られている場合に比べて、台風や地震などの自然災害による被害を軽減できる、地中に埋設された電線は、強風や落雷などの影響を受けにくく、断線や火災のリスクも低減できる、といったメリットがあります。
電線が空中に張られている場合に比べて、周辺の景観や環境に配慮できたり、空中に見える電柱や架線などの視覚的な不快感や圧迫感を解消できるのもメリットです。

地中電気ケーブル工事のデメリット

一方で、地中電気ケーブル工事には、以下のようなデメリットもあります。
●電線が空中に張られている場合に比べて、工事費用が高くなる
●地中に埋設するためには、道路や歩道などの掘削や復旧が必要であり、それに伴う費用や時間もかかる
●地中に埋設された電線は、空中に張られている場合よりも高品質で耐久性の高いものが必要であり、それもコストアップの要因となる
●電線が空中に張られている場合に比べて、故障時の発見や修理が困難になる
地中に埋設された電線は、目視で確認することができません。
そのため、故障箇所の特定が難しく復旧までに時間を要します。

電気工事士・土木作業員を求人中です!

JOBに走る人たち
最後に、下江電気工事株式会社は、現在新たな土木作業員・電気工事士を求人中です。
入社後は、地中送電ケーブルの送電線工事に携わっていただきます。
地中電気ケーブル工事に興味がある方や、尼崎や西宮で転職中の方はいらっしゃいませんか?
私たちは、社会のイロハから電気に関する専門知識まで、しっかりと教えて一人前に育てていきます!
電気工事士や地中電気ケーブル工事に興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!