コラム

COLUMN

電気工事士の将来性を解説!今後の需要は?

こんにちは、下江電気工事株式会社です!
兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市など日本全国で活動しております。
弊社の主な業務は地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事です。
日本全国に対応しております。
今回は、電気工事士の将来性と今後の需要についてご紹介したいと思います。
電気工事士を目指す方にとって、気になるのは電気工事士の将来性や電気工事の需要なのではないでしょうか?
せっかく資格を取っても、仕事がなくなっては本末転倒です。
電気工事士の将来性や電気工事の需要について簡単に解説いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

電気工事士の将来性は?

電気設備
電気工事士の将来性は、非常に高いといえます。
電気工事士は、電気設備の施工や保守を行う専門職です。 電気設備は、住宅やビル、工場などの建物だけでなく、鉄道や送電線などの社会インフラにも欠かせません。
また、再生可能エネルギーの普及やスマートシティの構築など、新しい技術やニーズにも対応できる柔軟性があります。
電気工事士は、これらの電気設備を安全かつ効率的に扱うことができる貴重な人材です。

電気工事士の仕事は自動化する?

電気工事士の仕事は、自動化する可能性は低いのではないでしょうか。
電気工事士の仕事は、現場や設備によって異なる状況や問題に対応する判断力や対応力、人間とコミュニケーションを取ることも必要です。
例えば、お客様や関係者と打ち合わせをしたり、作業内容や安全対策を説明したりします。
また、高度な知識や技術、小さな変化や細かい作業なども行わなくてはなりません。
これらの仕事は、人間の感覚や経験に基づくものであり、機械に代替されることは困難です。
そのため、近年さまざまなものが自動化されているとはいえ、電気工事がAIに奪われるといったことが起こるとは考えづらいです。

電気工事の今後の需要

電気工事の今後の需要は、高まると予想されます。
日本では、高齢化や少子化により、労働力人口が減少しています。
これにより、電気工事士などの専門職の不足が深刻化しており、建設業界の長年の課題です。
一方で、電気設備の需要は増加しており、例えば、災害対策やエコ対策として、地中化工事や太陽光発電などの需要が高まっています。
また、ICTやIoTなどの技術革新により、スマートグリッドやスマートホームなどの需要も高まっています。
これらの需要に応えるためには、電気工事士が不可欠です。
需要が高まっているのに対し、職人が不足しているのが現状のため、仕事がなくなることは考えにくいのではないでしょうか?

現在新たな電気工事士を求人中です!

初心者マークを指差す
最後に、弊社では現在新たな電気工事士・土木作業員を求人募集中です。
電線の地中化工事を行っているため、土木作業員の経験も役立ちます。
土木作業員の経験をお持ちの方や、これから取得したいと考えている方は大歓迎です!
もちろん未経験の方も歓迎しており、資格支援も行っております。
西宮市や尼崎市などで求人をお探しの方や、電気工事士の仕事に興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。
下江電気工事株式会社で一緒に働きましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。