コラム

COLUMN

電気工事にはどんな種類があるのか

こんにちは!
下江電気工事株式会社は兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市や日本全国で活動しております。
弊社は地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を行っている業者です。
今回は、電気工事にはどんな種類があるのかについてご紹介したいと思います。
電気工事は「建設電気工事」「鉄道電気工事」「架空配電線工事」の三種類に大きく分かれ、その中でもさらに細かく分類されます。
この三種類の工事について簡単に解説いたしますので、未経験の方はぜひ最後までご覧くださいね!

電気工事三種類

電気工事の工具

建設電気工事

建設電気工事は、住宅やビル、工場などの建物に電気設備を施工することです。
例えば、コンセントや照明、エアコンなどの低圧電気設備や、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー設備などが該当します。
建設電気工事は、工場などの大規模施設から、戸建て住宅などの規模が小さい場所までさまざまな現場があります。
そのため、建設電気工事を行う場合、第一種・第二種のどちらの電気工事士の資格が必要です。

鉄道電気工事

鉄道電気工事は、鉄道に関する電気設備を施工することです。
例えば、架線や信号機、踏切などの電気設備の点検や修理、交換などを行い、安全で正確な鉄道運行を支えています。
変電設備の監理・メンテナンス設置を変電設備工事、駅の電気機器の設置・管理・メンテナンスを行う液設備工事などの業務があります。
鉄道電気工事の液設備工事には一般用電気工作物もあるので、第一種電気工事士の資格だけでなく、第二種電気工事士の資格でも仕事がありますよ。

架空配電線工事

架空配電線工事は、発電所で作られた電気を送電するための設備に関わる工事のことを指します。
「架空」とは「フィクション」といった意味ではなく「空中にかけ渡す」という意味です。
鉄塔同士や電柱同士の間に線を引く架線工事、電柱を立てる建柱工事も架空配電線工事の中に入っています。

現在新たな電気工事士を求人中です!

履歴書
下江電気工事株式会社では現在新たな電気工事士や土木作業員を求人中です。
土木作業員・電気工事の経験をお持ちの方や、これから取得したいと考えている方はいらっしゃいませんか?
30代~50代の幅広い年齢層のスタッフが在籍しておりますので「馴染めるか心配…」という方でも安心です。
地域の発展に尽くしたい方や、腰を据えて働きたい方にもおすすめいたします!
西宮市や尼崎市などで求人をお探しの方や、電気工事士の仕事に興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。
下江電気工事株式会社で一緒に働きましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。