コラム

COLUMN

電気工事士の第一種と第二種の違いをカンタン解説!

こんにちは!
下江電気工事株式会社は、兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市など日本全国で地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を行っている業者です。
今回は、電気工事士の第一種と第二種の違いについてカンタンに解説したいと思います。未経験から電気工事を始めるのに気になることは、資格の有無なのではないでしょうか?
電気工事士の資格には第一種と第二種があり、できることが違います。
第一種と第二種でできることの違いや、どちらを取得した方がいいのかを簡単に解説いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

電気工事士ができること

高所作業

第二種

第二種電気工事士は、低圧電気設備や一般的な電気設備を扱うことができる資格です。 低圧電気設備とは、家庭用や業務用のコンセントや照明など、低い電圧が流れる設備のことです。
住宅やビルなどで使用される、600V以下の電気工作物の工事ができます。
第二種は電気工事の基本的な部分にあたる資格のため、誰にでも試験を受けられます。

第一種

第一種電気工事士は、ほとんどの電気設備を扱うことができる資格です。
ビルや工場、プラントなどの電気工事や、高圧の送電線路における電気工事など、大規模な施設の電気工事に携わることができるようになります。
高圧電気設備のような、送電線や変電所など、高い電圧が流れる設備も施工が可能です。
第二種は600V以下の一般電気工作物しか施工できなかったのに対し、第一種はそれに加えて、600V以上かつ最大電力500kW未満の自家用電気工作物の施工も可能です。
そのため、第一種電気工事士の現場は第二種よりも専門性が高い知識や技術が求められます。

資格取得するにはどっちを取得するべき?

資格取得するにはどっちを取得するべきかというと、目指す仕事によって異なります。
一般的には、第二種から始めて、経験を積んだ後に第一種を目指すことが多いです。
第二種は比較的簡単に取得できるため、未経験からでもチャレンジしやすい資格となっております。
また、第二種を持っていれば、住宅やビルなど身近な場所での仕事ができます。
第一種はかなり難しい試験に合格しなければならないため、勉強や経験が必要です。
しかし、第一種を持っていれば大規模な電気工事にも携われるため、電気工事業界では重宝されるでしょう。
自分の興味や目標に合わせて、資格を取得するべきです。

電気工事に携わってみませんか?

手を繋ぐ人
最後に、下江電気工事株式会社では電気工事を行う職人を求人中です!
土木作業員の経験をお持ちの方、安定した収入を得たい方、未経験から始めたい方でも歓迎いたします。
経験・未経験一切問いません!
経験者の方には、即戦力として活躍できる現場を用意し、給与面でも優遇いたします。
西宮市や尼崎市などで、電気工事の求人をお探しの方はいらっしゃいませんか?
興味のある方は、サイト内の採用情報ページからご応募ください。
下江電気工事株式会社で一緒に働きましょう!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。