コラム

COLUMN

未経験からでもOK?見習いの電気工事士の最初の仕事

こんにちは!兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市など日本全国で活動しております。
電気工事業者の下江電気工事株式会社です。
地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事をメイン業務として行い、特殊車両や機器のリースなども行っております。
今回のテーマは「見習いの電気工事士の最初の仕事について」です。
「未経験からでもOK」といわれる電気工事ですが、無資格の状態で電気工事は行えません。
では、無資格未経験のうちはどのような仕事を行うのでしょうか?
電気工事士のキャリアステップや見習いの頃の仕事を見ていきましょう!

電気工事士のキャリアステップは?

コードを触る人
電気工事士としてキャリアアップする場合、見習い・技能者・職長といったステップを踏んでいきます。
見習い期間中に勉強して資格を取得したら、実際の施工に携わり、さらに技術と知識を身につけていくことになるでしょう。
図面や現場を確認したり、配線や接続を行ったり、検電器で測定したりなど、これらの工程は、先輩職人から指導やアドバイスを受けながら行います。
そして、技能者として施工に関わり、一人前になると現場の技能者をまとめ上げ、工事全体を指揮する職長となれるのです。

見習い期間は電気工事の補助的な仕事を行う

見習いの電気工事士の最初の仕事は、先輩職人の補助的な仕事です。
例えば、材料や道具の運搬や準備、現場の清掃や整理、配線や接続部分のチェックなどがあります。
これらの仕事は、単純なようで実はとても重要です。
材料や道具が不足したり、現場が汚れたり、配線や接続部分に不具合があったりすると、作業効率や品質に影響します。
また、これらの仕事を通して、電気工事の基本的な知識や技術を身につけ、現場の流れを見て仕事を覚えるのです。

資格を取得したら実際の施工に携われる

電気工事士とは、電気設備の施工や保守を行う専門職です。
電気工事士として直接施工に携わるためには、国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。
資格には、第一種と第二種があり、第二種は基本的な知識、第一種はより高等な知識と技術が必要になるでしょう。

電気職人を求人中です!

芽
最後に、下江電気工事株式会社で働く電気工事士や土木作業員を求人中です。
土木作業員や電気工事の経験をお持ちの方や、一生もののスキルを身につけたい方はいらっしゃいませんか?
経験の有無は一切問わず、経験や能力によって給与面で優遇できるでしょう。
興味のある方は、サイト内の採用情報ページからご応募ください。
下江電気工事株式会社で一緒に働きましょう!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。