コラム

COLUMN

電気工事の仕事を行うときの安全対策を知ろう!

こんにちは、下江電気工事株式会社です!
兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市など日本全国で地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を行っております。
今回のテーマは「電気工事の仕事を行うときの安全対策について」です。
電気工事は電気を取り扱うため、作業に危険を伴います。
そのため、感電しないための安全対策が重要です。
プロの電気工事士は、どのように安全対策を行っているのでしょうか?

服装による安全対策

二人の作業員
上記でも話した通り、電気工事の仕事では、電流や火花などの危険にさらされる可能性があります。
そのため、作業員は絶縁用保護具や防具を身につけることが必要です。
絶縁用保護具とは、絶縁手袋や絶縁靴など、電気に触れても感電しないようにするためのものです。
また、ヘルメットや安全帯、安全靴など、落下や衝撃から身を守るための防具も必要だといえるでしょう。
これらの保護具や防具は、定期的に点検や交換を行い、劣化や破損がないか確認することも大切です。

作業前に図面や現場を確認する

施行作業前に図面や現場を確認することも重要です。
電気設備の配置や配線の経路などを示す図面は、作業計画や手順を立てる際に必要です。また、作業する場所や周辺の状況の、危険箇所や障害物などを把握しましょう。
図面や現場を確認することで、作業中に起こりうるトラブルや事故を予防することができます。

検電器で確認をする

電気工事の仕事では、検電器で確認をすることを忘れてはいけません。
検電器とは、電圧や電流などを測定するための器具で、作業前や作業後に使用します。
作業前に検電器で確認することで、作業する部分に電気が通っているかどうかを判断できます。
作業後は検電器で作業した部分が正常に動作しているかどうかを確認できるでしょう。
検電器は正しく使えば感電事故を防げるので、確認作業を怠らないことが大切です

現在新たな電気工事士を求人中です!

給与明細書
最後に、下江電気工事株式会社では現在新たな電気工事士や土木作業員を求人中です。
経験の有無は一切問いません。
社会人経験のない未成年の方でも、社会のイロハから電気に関する専門知識まで、基本からしっかり指導いたします。
電気工事士の資格をお持ちの方や、これから取得したいと考えている方はぜひ弊社の仲間と働いてみませんか?
西宮市や尼崎市などを中心に、日本全国で活動しています。
興味をお持ちの方は、サイト内の採用情報ページからご応募ください。
下江電気工事株式会社で一緒に働きましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。