コラム

COLUMN

地中送電線工事は災害に役立つ!地震多発地帯日本での効果

こんにちは!下江電気工事株式会社は兵庫県尼崎市に事務所を構え、西宮市などを対象に電気工事・電線工事などを行っています。
弊社が主に携わっている地中送電線工事は、地震が多い日本においては非常に重要な意味をもつ工事です。
そこで今回のコラムでは、地震多発地帯である日本における、地中送電線工事の効果についてご紹介します。

日本は世界有数の地震多発地域

地震
日本の地下には複数のプレートによって複雑な力が発生しており、世界でも有数の地震多発地域と呼ばれています。
1年間で震度4以上の地震が50回以上発生している年も珍しくなく、さらに台風・集中豪雨・竜巻なども発生しているため、非常に自然災害が多い国です。
それ故に、災害に対する対策を入念に講じている国でもあります。

熊本地震による電柱の倒壊状況

地中送電線工事を行ったことによる影響を、実際に起きた地震を例にしてご紹介します。
熊本で起きた地震では、地上に設置されている電柱・電線は倒壊したり倒れたりする被害がありましたが、地中にある電線に関しては影響が皆無でした。
この事例によって、無電柱化が地震に強いことを強く証明することができました。
地下に電線を埋めたことによる液状化が懸念されていましたが、結果的にそのような設備被害も発生していなかった様子です。

無電柱化は災害に強い

熊本地震のような地上の電柱被害を最小限に抑えるためにも、電線地中化が進んでいれば、そのような事態が発生する心配をする必要がありません。
阪神淡路大震災の電線被災率を例にすると、地中の電線の被災率は地上の80分の1だといわれています。
このことから、電線地中化は地震に強いといっても過言ではありません。

【求人】下江電気工事では新規スタッフを募集中!

信頼
下江電気工事株式会社では、現場において電気工事士や土木作業員として働いてくださる方を、求人募集しております。
弊社では手当が充実しているため、資格取得でキャリアアップを目指している方にもおすすめの職場です。
また未経験の方や資格を所持していない方も大歓迎しておりますので、お気軽にご応募ください。
弊社で行っているような電気工事の仕事にご興味がある方は、ホームページの採用情報ページよりご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。