コラム

COLUMN

初心者必見!地中送電の方式とは?

こんにちは!兵庫県尼崎市に拠点を構え、西宮市を中心とした全国各地で電力供給に使用する地中電気ケーブル工事や、電線の地中化工事などを行っている下江電気工事株式会社です。
電気工事の求人にご興味がある方の中でも、地中送電についてはよく知らないという方も多いと思います。
そこで今回のコラムでは、地中送電の方式についてご紹介します。

地中送電の方式

送電地中化
地中送電には、大きく分けて3つの方式があります。
まず1つ目が直接埋設式で、これは浅い地中にコンクリートのトラフを埋め込み、その中にケーブルを納める方法です。
比較的小規模な工事なので費用が安いですが、放熱もしやすいのが特徴です。
土との距離も近いため、静電容量が大きくなることから、受電端の電圧が送電端の電圧よりも大きくなる傾向にあります。
そして2つ目が管路式で、これはコンクリートに穴をつくり、その中にケーブルを通す方式です。
直接埋設式よりも費用は高くなりますが、マンホールを設けることで、ケーブルの保守・点検はやりやすくなります。
最後に3つ目が暗渠式で、これは地下に人が入れる大きさのトンネルをつくり、通信線・ガス管・水道管などを全て通す方法です。
都市部ではよく採用されていますが、3つの方式の中では最も費用が高いです。

ケーブルの種類

地中送電では、主に3種類のケーブルを使用しています。
まず1つ目がOFケーブルで、これは粘度が高い絶縁油を充填させ、導体の周りの紙に染み込ませることで絶縁させます。
そして2つ目がCVケーブルで、これは絶縁体に架橋ポリエチレンを使用しており、シースにはビニールを使用しているため、工事や保守が簡単です。
OFケーブルと比較すると経由設備は不要なので、よく用いられています。
最後がCVTケーブルで、これは単心のCVケーブルを3本合わせたものです。
放熱性が高いので、曲げやすいという利点があります。

【求人】下江電気工事では新規スタッフを募集中!

電線
株式会社下江電気工事では、電気工事士や土木作業員などを求人募集中です。
入社後からは、地中送電ケーブルの送電線工事などの電気工事に参加していただきます。
弊社では未経験の方も大歓迎しており、電気工事に興味があったり、新しいことに挑戦してみたかったりする方をお待ちしています!
電気工事に関心がある方は、ぜひお気軽にご応募ください。
ご応募に関しては、弊社ホームページの採用情報ページよりお願いいたします。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。