コラム

COLUMN

安心して働くために!電気工事業者が行っている安全対策

こんにちは!兵庫県尼崎市に拠点を構え、尼崎市・西宮市・伊丹市などを中心とした兵庫県内や日本全国にて、地中電気ケーブル工事や電線の地中化工事を手掛ける下江電気工事株式会社です。
電気工事は事故が起こる可能性があるため、それの対策が欠かせない仕事です。
安全対策が不十分なまま作業を行い、事故が起きてしまうと取り返しのつかないことになります。
そこで今回は、電気工事業者が行っている安全対策についてご紹介させていただきます。

落下対策

落下対策
電気工事は高所での作業を行うことが、しばしばあります。
高所での作業は足の踏み外しや転落によって、高所から転落するリスクが高い危険な仕事なのです。
そのため、転落を防止するための安全帯と呼ばれる器具を着用して作業に臨んでいます。
安全帯は身体にフック付きのベルトを巻き、フックを安全な箇所に取り付けて作業を行うものです。
もしも転落してもフックが身体を支えて転落を防いでくれます。
安全帯は適切に使用すれば転落を防げるものなのです。

声掛けの徹底

現場でそれぞれのスタッフが独自に動いていると、大きな事故につながる危険性が高まります。
そのため、スタッフ同士が声を掛け合い、常に安全の確認を行っています。
声を掛け合うことで、注意すべきポイントが共有されるため、安全への意識が高まるのです。
このような取り組みこそが、事故を防ぐために必要なものなのです。

感電対策

電気工事で最も多い事故といえば感電です。
電気は目に見えないものであるため、触れる箇所に電気が流れていてもわかりません。
そのため、電気が流れていることに気付かずに触れてしまうことがあるのです。
このような事故を未然に防ぐために、テスターと呼ばれる電気が流れているのかを確認する機械を用います。
触れようとしている箇所をテスターで確認し、安全が確認でき次第作業を行うということを徹底すれば、感電を未然に防げるのです。

【求人】下江電気工事では新規スタッフを募集中!

芽生え
下江電気工事では、一緒に働いていただける新規スタッフを求人募集しています。
弊社は地中電気ケーブル工事を含めた、さまざまな電気工事を承っております。
年間通して安定した仕事量があるため、入社後には多くの経験が積める環境です。
施工の際には事故を未然に防ぐための声掛けをはじめとした、さまざまな安全対策を徹底しております。
スタッフ全員が安全管理を徹底しているため、安心して働けるでしょう。
電気工事士や土木作業員として活躍したい方、電気工事に興味がある方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。