コラム

COLUMN

下江電気工事株式会社の電気工事で必要な資格について

こんにちは!
兵庫県尼崎市を拠点に、電気工事や送電線工事、地中送電ケーブルの配線などを行う下江電気工事株式会社です。
「電気工事の仕事をしてみたいけど、どのような資格が必要なの?」と悩んでいませんか。
下江電気工事株式会社では未経験の人も大歓迎ですが、取得すべき資格として4つの資格を推奨しています。
今回は、下江電気工事株式会社で入社後に必要な資格を4つご紹介します。

弊社が推奨する資格は主に4つ

人差し指を出す男性
下江電気工事株式会社では、年齢ごとに4つの資格取得を推奨しています。
それぞれ詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

酸欠主任者

酸欠主任者とは、酸素が不足している現場や硫化水素を含む現場で作業する際に必要な資格です。
下江電気工事株式会社では、比較的そのような現場が多いため、入社すぐの新人の方に取得をお願いしています。
講習のみで取得できますが、責任が伴う資格なので、しっかりと取り組む必要があります。

高所作業車

高所作業車を運転するための資格です。
作業床が2m以上の高さに上下する車体は高所作業車となります。
10m未満の高所作業車の運転においては、高所作業車運転特別教育の修了が必要で、10m以上の場合は技能講習を修了する義務があります。
こちらも、酸欠主任者と同じように、比較的使用頻度が高い資格なので新人の方に受けてもらうことになるでしょう。

第一種電気工事士

第一種電気工事士は、幅広い電気設備の工事に携われる資格です。
同様の資格で第二種電気工事士という資格もありますが、第一種のほうが大規模な工事にも対応できる違いがあります。
こちらは、入社から4~5年経った人に取得してもらうことが多い資格です。

職長教育

職長教育は、職長として安全に作業指導できる知識を身につけるための資格です。
講習時間は12時間で2日間にわたって講習が行われます。
こちらは、10~20年業界に携わったベテランの人に取得してもらうことが多い資格です。

下江電気工事株式会社は資格取得手当も充実!

RECRUIT
下江電気工事株式会社は、新規スタッフを求人募集中です。
弊社は手当が充実しておりますので、資格取得でキャリアアップを目指している人にもおすすめの環境です。
また、下江電気工事株式会社は資格を保有していない未経験の人も募集しています。
電気工事に興味がある人は、ぜひお気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。