コラム

COLUMN

地中送電とは?電気工事で知っておきたい基礎知識!

こんにちは!
兵庫県尼崎市を拠点に、電気工事や送電線工事、配線工事などを実施している、下江電気工事株式会社です。
弊社では主に地中送電に関する業務を行なっていますが、専門用語のため、どのような業務を行なっているのかピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、地中送電の基礎知識についてご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください!

地中送電とは?

頭上にハテナ
地中送電とは、都市や市街地などで電柱を露出させるのではなく、地中に通して電気を送ることです。
また、地中送電を行う電線のことを「地中送電線路」と呼びます。
地中送電線路は、私たちが通る道路の中に埋まっており、実は非常に身近な存在なのです。

地中送電のメリット

地中送電工事を行うことで以下4つのメリットを得られます。
・感電しづらい
・自然災害が起こっても電気を供給しやすい
・他の通信への影響が少ない
・景観を守れる
電線を全て地中に埋めてしまうため、一般の電柱よりも美しく、電気にまつわる危険性が少ないという特徴を持ちます。

地中送電のデメリット

一方で、地中送電には以下2つのデメリットも存在します。
・施工コストが高い
・異常時に復旧しづらい
つまり、一般的な電気工事と比較すればリスクは抑えられるものの、万が一の事態が発生した場合には大幅な施工コストと時間がかかることになります。
地中送電の工事を行う場合は、メリット・デメリットそれぞれに目を向け「本当に施工していいのか」を見極めることが重要です。

施工スタッフを求人募集中

給与明細と電卓
下江電気工事株式会社では、電気工事の施工スタッフを募集中です。
入社後は地中送電ケーブルの送電線工事といった電気工事に携わっていただきます。
地中送電工事は少し難易度の高い工事になりますが、チームで一丸となって施工を終えたときの達成感は計り知れません。
「電気工事や地中送電工事に興味があるけど、未経験でも大丈夫?」と悩んでいる方も問題ありません。
下江電気工事株式会社では熱量を持って仕事に打ち込める人を募集しているので、ぜひお気軽にご応募いただければと思います!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。