コラム

COLUMN

電気工事の際に気をつけるべきポイントとは?

こんにちは!
電気工事や送電線工事、配線工事などを行なっている下江電気工事株式会社です。
弊社は兵庫県尼崎市を拠点として活動を続けています。
電気工事をやってみたいと考える人の中には「少し危険な作業になるのでは?」「どんなことに気をつければ安全に作業ができる?」と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。
今回は、電気工事を行う際に気をつけるべきポイントについてご紹介いたします。
ぜひ、最後までご覧ください!

感電

ポイント
電気工事を行ううえで、最も気を付けるべき災害は「感電」です。
電気工事にはつきものの事故ですが、破損部分を触ってしまったり、点検を怠たったりすると、事故につながるケースがあります。
もちろん、防電用の道具で感電を防ぐことは可能ですが、少し気をゆるめたときに感電してしまう方もいます。
電気は非常に便利ですが、扱いを間違えると命にもかかわることを意識しましょう。

作業中の服装の徹底

前述した感電を防止するために、しっかりと服装を意識して作業を行う必要があります。
作業着は暑くても長袖・ヘルメット・靴・手袋など絶縁対応しているものを使用します。
また、金属類を保持しないなど、明確なルールが設けられているので、そのルールに従って服装を準備する必要があるでしょう。

他のインフラ設備の破損

地中で作業を行う場合、電気配線以外のインフラ(水道・ガス)などもたくさん埋まっています。
そのため、電気工事を行う際は、こういったその他の環境を破損させないことが大切です。
また、破損させたことでガスが蔓延し、事故に発展することもあるため、事故を防ぐためにも安全に作業を行う必要があります。

電気工事の仕事に興味がある人を募集中!

RECRUIT
下江電気工事株式会社では、電気工事の施工スタッフを求人募集中です。
入社後は地中送電ケーブルの送電線工事といった電気工事に携わっていただきます。
電気工事では安全に作業を行うために、複雑なルールが設けられています。
未経験の方であれば、少し難しいと感じてしまうかもしれません。
しかし、電気工事に対する熱量を持って作業に取り組めば、誰でもすぐに仕事を覚えていけます。
電気工事に少しでも興味がある方は、ぜひご応募いただき、電気工事士のキャリアを進めてみてくださいね!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。